光と風のなかへ & 追憶の鉄路

京都鉄道博物館 02






シロクニの横にいるのは 戦後初の長距離電車として登場した80系

このあたりは 蒸気から電車へ という歴史をふまえての展示なのだろう




京都鉄道博物館 80系




先頭のクハ86001と続くモハ80001も 交通科学博物館からの移転組だが

JR西の鉄博となれば 「湘南顔」の2次車よりも 3枚窓のほうが似合っている




京都鉄道博物館 80系




ちなみに プロムナードは 駅のプラットホームを模して100mもある

場所はとるが 鉄道は編成で展示したほうが リアルでいいね 




京都鉄道博物館 80系




京都鉄道博物館
2016.7.22.撮影

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/28(木) 00:50:58|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:0
<<東京 梅雨明け | ホーム | 京都鉄道博物館 01>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する