光と風のなかへ & 追憶の鉄路

京都 市電広場






京都鉄博の手前 梅小路公園内に新しく出来た市電広場

1978年に廃止された京都市電の車両が保存されている




京都 市電広場




車両の手前の広場には 市電の路線図が刻まれ

右側の車両は 鉄道のグッズショップと無料の休息所

左側の車両は 市電カフェとして活用されている




京都 市電広場




市電カフェには 吊り革の形をしたパンもあるというから

鉄博帰りの休息に お薦め

しかしこのあたり 水族館までオープンして すっかりかわってしまったなあ



FUJIFILM X20
京都 梅小路公園
2016.7.22.撮影

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/01(月) 00:24:43|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:2
<<ハチロク | ホーム | 東福寺の夏 02>>

コメント

梅小路公園

元々は貨物駅でしたが、今は公園となり水族館ができすっかり様変わりしてしまいました。
鉄は私には、貨物駅であったほうが嬉しかったですが、多くの人は今の状態がいいでしょうね。
ここに保存されている市電、505号は伏見線のさよなら運転で乗ったことがある車両で思い出深いです。
703号は、子供の頃一番好きだった700型なので、綺麗に保存されて嬉しいです。
  1. 2016/08/01(月) 08:25:45 |
  2. URL |
  3. 枯れ鉄 #-
  4. [ 編集 ]

枯れ鉄さんへ

枯れ鉄さん、コメントありがとうございます (^^)

今回は梅小路まで、久しぶりに歩いてみました。
あちこちに京博への道案内となるオブジェがあって、梅小路公園もずいぶんと綺麗になりましたね。
市電広場は2年前にオープンしたようですが、市電たちも綺麗に保存されているようで、車内には当時の雰囲気がただよっていました。
ただ、屋外展示なので、いたずらされないか、ちと心配です。
チンチン電車も期待していたのですが、充電中なのか姿は見えず。
これは次回の楽しみにとっておこうと、京博に急ぎましたが、梅小路新駅が完成したら、このあたりは、もっとにぎわうでしょうね。
  1. 2016/08/01(月) 22:44:33 |
  2. URL |
  3. まこべえ #MeArL09s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する