光と風のなかへ

三十三間堂の夏 02






3mを越す巨大な千手観音坐像を中尊に

その両脇に立ち並ぶ1000体の千手観音像

仏の力を強めるために たくさんの仏像を造った賢劫千仏の一例だが

物量で迫るその力は いつ見ても圧倒される

ましてや仏と無縁な欧米のかたには どんな印象をもたれただろうか




蓮華王院三十三間堂




Nikon
京都 蓮華王院三十三間堂
2016.8.30.撮影

関連記事

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2016/09/03(土) 00:55:21|
  2. 旅日記 京都府
  3. | コメント:0
<<カラーでよみがえる蒸気の時代 20 | ホーム | 三十三間堂の夏 01>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する