光と風のなかへ & 追憶の鉄路

真田丸 02






地下鉄の玉造駅から5分ほど歩くと

三光神社が鎮座する丘が見えてくる




三光神社




階段を登ると 「真田丸」の幟旗

ここが大坂陣のとき 真田信繁が楯籠もった

真田丸の跡地だと伝えられてきたことによるものだ




三光神社




今年は大河ドラマの舞台だけあって 「真田丸」で萌えている




三光神社




拝殿近くでも ここが「幸村決戦の地」だと訴えている




三光神社




ただし この場所 「真田丸」そのものではない

真田丸は ここから200mほど西側だ




三光神社




だからといって 間違いか、といえばそうも言えない

真田丸には東側に柵で囲まれた外郭が設けられていたが

三光神社周辺の丘は その外郭にあたると見られるからだ

当然 このあたりでも激しい戦いもあっただろう

とはいえ 真田グッズまで販売して さすが大阪 商魂はたくましい




三光神社




しかし 真田の幟旗が1000円とは 高いなあ

しかも 六文銭や「勝」の文字なども描かれている

真田と言えば「六文銭」が有名だが 旗印にはしていない

大将のいる場所に掲げられた旗印は「黒四方」だった

真田丸を攻めた前田の記録(「大坂真田丸加賀衆挿ル様子」)にも

真田丸の正面に方形をした大きな黒い旗が描かれている

また信繁の部隊が指した旗は 赤いしない旗だ

前田の記録に「あかね(茜)の長のほり(幟)」

『長沢聞書』にも「家中指物は赤き一本しない」とある

飾りとしては六文銭デザインのほうが格好いいが 1000円はなあ




三光神社




もっとも恵林寺の宝物館で買った

風林火山の武田軍旗も 1000円だったな




Nikon
大阪 三光神社
2016.8.30.撮影

関連記事

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/12(月) 21:59:23|
  2. 旅日記 大阪府
  3. | コメント:0
<<真田丸 03 | ホーム | 真田丸 01>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する