光と風のなかへ & 追憶の鉄路

輝いているのは きみだ!






大好きだったハンドボールをあきらめて

一緒に戦ってきた仲間たちともわかれて

団体競技から 個人種目へ

まったく未知の世界に飛び込んだ彼女

悩み苦しんだ日々もあったが

厳しい練習にも耐え よくぞここまで頑張った

すごいぞ 沙絵! 目標としていたメダル獲得だ! 

「ラストの100mをしっかり見て欲しい」という言葉通り

最後の走り 素晴らしかったよ

重圧のなかで ホントによくやった!




辻沙絵 パラリンピック2016 400m 銅メダル




最高の笑顔 最高の涙

応援しているこちらまで泣けてしまった

http://sports.nhk.or.jp/paralympic/video/element/video=32396.html

パラリンピックは輝いている場所だとインタビューに答えていたが

一番輝いているのは 沙絵だ




辻沙絵 パラリンピック2016 400m 銅メダル




ただ 沙絵の目標は リオではない

障害の有無など関係なしに みんなでレースを競うことだ

そのためにも フォームやレース感覚などをさらに磨きあげ

東京では メダルの色をかえてほしい




辻沙絵 パラリンピック2016 400m 銅メダル




これからも ずっとずっと 応援していくよ


2016.9.15.
写真は NHKリオデジャネイロ パラリンピック2016の映像より転載

関連記事

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/15(木) 21:10:48|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:4
<<7.8万人 | ホーム | 真田丸 03>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/09/19(月) 03:19:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

鍵コメさんへ

鍵コメさん、はじめまして。

北海道から届けられる蒸気のお写真、いつも拝見しています。
また、このたびは沙絵への応援、ありがとうございました。
彼女は函館出身なので、そちらではニュースの扱いも大きかったのではないでしょうか(もっとも鍵コメさんのお住まいとはかなり離れているので、そうでもないかな)。

彼女は、東京オリンピックの決定を機に、人生が大きくかわってしまいました。
それまでは障害をもちながらも、ハンドボールをふつうにこなせるアスリートの一人。
しかし、その身体能力の高さは、ハンドボール部の仲間たちの誰もが認めるものでした。
大きなケガに苦しみながらも、東京オリンピックさえなければ、ハンドボールの選手として活躍し、保健体育の教員をめざしていたことでしょう。
それが、諸般の事情で注目され、陸上への転向を進められるも、はじめは大好きなハンドボールを諦めきれず、なにより健常者とかわらない競技生活を続けてきたのに、なぜパラなのか、といった疑問もあって、しばらくは悩みながらの競技生活でした。
しかし、世界大会で日本人選手の活躍を見てから陸上競技への思いが強まり、その後は、持ち前の積極性もあって、つらい練習や環境の変化にも耐えぬいて、パラでは初出場ながら、約束通り念願のメダル獲得!
ホントにあの小さなからだで、よく頑張りました。
インタビューのなかで、「たくさんのものを犠牲にして」と答えていましたが、それだけいろいろな思いを胸のなかに押し込んできたのでしょう。
その思いのいくつかを知るだけに、こちらまで、うるうるしてしまいました。
ただ、100mと200mは、彼女にすれば不本意な結果だったので、これからさらに練習を積み重ね、東京ではさらに成長してゴールドメダルを勝ち取ってほしいと思います。
ただ、いまは「よくやった、お疲れさま」と声をかけてやりたいです。

それにしても彼女、インタビューに大きな声で堂々と答えていて、びっくりしました。
ふだんからとても明るいのですが、話し声は小さな彼女(もっとも私に対してだけかな)
それが競技直前にスイッチがはいると、まるで別人!
それがトップアスリートのあかしなのかもしれませんね。
  1. 2016/09/19(月) 17:38:01 |
  2. URL |
  3. まこべえ #MeArL09s
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/09/20(火) 09:05:59 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

鍵コメさんへ

鍵コメさん、コメントありがとうございます。

先日パソコンが壊れてしまい、そのうえその翌日から松山に出張中のため、帰宅ごが遅れてしまいました。このためこの返信もタブレットから書いています。

ご実家があの近くならば、かつては65や66がたくさんたむろしていて、一日眺めていてもあきない場所でしたね。
いまは機関車も少なくなってさみしくなりました。
我が家のまわりも超高層マンションばかりとなって、風景が一変してしまいましたが、これからも多摩川周辺の風景をアップしていますので、よろしくお願いいたします。
ただパソコンがこわれたままなので、帰宅後もしばらくは更新できないかも知れません。少し気長にお待ちください。


  1. 2016/09/25(日) 21:50:54 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する