光と風のなかへ & 追憶の鉄路

7.8万人






7.8万人

身体に障害をもつ18歳未満の子供たちの数だ

『平成28年版 障害者白書』(内閣府 )より

同じ年齢での人口比で見ると

0~9歳が1000人に対して3.2人

10~19歳が1000人に対し4.4人となる

『平成25年版 障害者白書』(内閣府 )より

これに知的障害者19.5万人 精神障害者26.9万人を加えると

未成年者の合計数は 54.2万人を越える

これを多いとみるか 少ないとみるか

その評価は人によって異なるだろうが

これだけの数の子供たちが障害をもちながら 生きている

パラリンピック銅メダリストの辻沙絵も 生まれたときから右肘の先がない

しかし小学生のときにハンドボールと出会って

片手キャッチの練習を積み重ね 高校・大学は強豪校

そのなかで健常者と一緒に活躍するトップアスリートにまで成長した

抜群の身体能力を持ち 健常者とかわらない思いからか

夏になれば ふつうに半袖を着て学校に行く

そんなふつうの女の子に成長できたのも スポーツと出会ったからだ

パラリンピックでの活躍は 障害をもつたくさんの子供たちに

勇気と生きる力を与えたことだろう

最後のレースとなった200m決勝は 7位と不本意な成績に終わったが

それでも堂々のメダリストだ ホントによくやった お疲れさま


今年はNHKもパラリンピックをライブで配信し 時代も少しずつかわってきた

とはいえ オリンピックとくらべると まだまだ関心度は低いようだ

昨日の沙絵の記事も 一日たっても 拍手はたった1人だけ

真田丸の記事にすら8人ものかたが拍手をされているというのに この落差

パラリンピック 国民の間ではさほど盛り上がっていないのかな




関連記事
  1. 2016/09/17(土) 02:25:28|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:0
<<リーグ戦 | ホーム | 輝いているのは きみだ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する