光と風のなかへ & 追憶の鉄路

龍の刀






最近は 女子の刀剣好きが増えている

このため刀剣の特別展は どこも人気が高い

井伊家にも江戸時代の末期には600ほどの刀剣があったが

関東大震災で400ほどが失われ 敗戦後のGHQによる武器没収もあって

多くを失ってしまったが いまも60口(ふり)ほど残るという




刀 「備州長船兵衛射国光」銘




この刀剣は 天文9年(1540)の銘をもち  備州の「長船兵衛射国光」の名を刻む

刀身の龍は 不動明王の化身とされ 軍神として刀によく刻まれた

このように 刀は美術品である前に 武器であることを忘れないでいてほしい




Panasonic GX8
彦根城博物館
2017.1.14. 撮影


関連記事

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/23(月) 00:49:27|
  2. 旅日記 滋賀県
  3. | コメント:0
<<iPhoneで撮る彦根城 01 | ホーム | 井伊の赤備え>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する