光と風のなかへ & 追憶の鉄路

太刀 銘 包永(かねなが)






大和国の刀工によって作られた鎌倉時代の太刀

井伊家では藩主に就任すると指料(さしりょう)を決め 拵(こしらえ)を新調した




太刀 銘 包永(かねなが)




ちなみに身につけたとき 刃が下をむくのが太刀 刃が上をむくのが刀

このため 太刀は佩く 刀は腰に差すという




Panasonic GX8
彦根城博物館(館内撮影自由)
2017.1.14. 撮影


関連記事

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/04(土) 01:32:04|
  2. 旅日記 滋賀県
  3. | コメント:0
<<耳なし芳一 | ホーム | 雪の彦根城 05>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する