光と風のなかへ & 追憶の鉄路

白河駅






かつては白河市の中心駅として栄えていた東北本線白河駅

それが隣の磐城西郷駅に新幹線の駅が出来たことで 乗降客も年々減少

それに反比例するかのように 磐城西郷改めた新白河駅は 町を発展させ

一日の平均乗車人員は いまや白河駅の4.3倍となった

新幹線がもたらした町の明暗

ただ有人改札が残る駅は 懐かしさ故か どこかホっとさせる




白河駅




Panasonic GX8
福島県 白河駅
2016.12.5. 撮影

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/08(水) 01:44:37|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:0
<<落雪 | ホーム | 東海道新幹線 冬の米原>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する