光と風のなかへ

秋寅の館






地方都市の衰退が叫ばれてから久しい

なかでも県庁所在地ではない都市の衰退が止まらない

丸亀の繁華街だった通町商店街も ほとんどの店がシャッターを閉じる



丸亀 通町商店街



されど地方の再生なくして 日本の発展を続かないだろう



丸亀 通町商店街



そんななか丸亀では 昨年 「シャッターをあける会」が設立されて活動を始めたという

幸い商店街には まちの駅として「秋寅の館」という建物もある



丸亀 秋寅の館



農機具や鍛冶など鉄を扱った秋山寅吉が大正末期から昭和初期に建てた商店だという

風格のある建物は 城歩きの帰りに立ち寄るにはちょうど良い場所にある

この秋寅の館の内部を充実させて 城から通町をへて駅に戻るコースを整備し

広く外に向けて宣伝していけば 活気も出てくるだろう



丸亀 秋寅の館



この町は よいものを持ちながら 外への発信力が苦手なようだ

丸亀城を起爆剤にして ぜひとも活力を取り戻してもらいたい

 


Panasonic GX8
愛媛県丸亀市
2017.2.22. 撮影


関連記事

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/18(土) 17:28:22|
  2. 旅日記 香川県
  3. | コメント:0
<<花桃の丘 2017 01 | ホーム | 丸亀城 11 石垣の名城>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する