光と風のなかへ & 追憶の鉄路

アンパンマン列車






JR北海道に続いてJR四国も路線ごとの収支状況を公表し

収支次第では路線廃止に踏み切ることを表明した

日本の鉄道は どこも存続の危機にある

道路にばかり税金をつぎ込んだ この国の失策のあらわれだ

折しも今年のJRと自治体による大型観光キャンペーンは四国

都心を走る電車にも 四国四県の広告があふれ キャッチコピーは「四国を攻めよ」



特急「しおかぜ」 8600系



昨年から連続する四国出張は 意識して列車で攻めることにしているが

東京からの観光客は 飛行機で四国入りして レンタカーか高速バスの利用だろう

これではいくら広告を打っても JR四国の営業成績は向上しない

東京地区は 瀬戸大橋を渡れることをもっとPRしても良かったのではないか

鉄道で広い海を渡れる場所は 瀬戸大橋線しかない


 
本四備讃線(瀬戸大橋線)



しかし 四国内の指定券が 東京ではネットで購入できないことも問題だ

広告を打つならビューネットと連携して この点をまず改善すべきだろう

ちなみに四国の鉄道は いまアンパンマンに占領されている

写真は岡山駅を発車する高松行きのアンパンマントロッコだ



アンパンマントロッコ



1両目は開放感いっぱいのトロッコ車両

それを動かす2両目はキロ185 もと特急車両の転用だ



アンパンマントロッコ



しかもアンパンマン列車は これだけではない なんと21車両もある

なかには特急列車まであって 1号車にはアンパンマンシートが装備されている



アンパンマン列車 8000系
JR四国 8000特急電車「アンパンマン列車」より転載

アンパンマン列車 8000系



四国の車両が みなアンパンマンになっては困るが

子供たちには絶大な人気を誇るアンパンマン

これで収支の向上が図れるなら これからも工夫して続けてほしい

なかでも瀬戸内海を渡るアンパンマントロッコに乗車すると

潮の香りを受けながら瀬戸大橋を渡れる

これは一度体験してみたいが さすがに一人では気恥ずかしい

できることなら ふつうのトロッコ列車を走らせてくれないものだろうか



Panasonic GX8
2017.3.22. 2.26. 撮影


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/29(水) 17:52:28|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:4
<<海洋堂ホビートレイン | ホーム | 消えゆく原風景>>

コメント

こんにちは。
このまま無策では、国全体で進められてきた道路への偏重姿勢により、鉄道は先細りにしかならず、危機感さえ感じています。
その中で、いかに新しい利用者を掘り起こしていくかは重要ですが、そのためのコミュニケーションコストは場合によっては莫大なものになっていくリスクがあります。
まず、鉄道会社の連携の中でできることを、という発想が自然かと思いますが、ご記載のように単純に市場の大きい(=鉄道利用者が多く、鉄道の施設の中での訴求が効果を生む)東名阪や政令都市圏ででいかに鉄道の良さを訴求していくかが課題のように思います。
先日北海道に行く機会があったのですが、自分の趣味のために列車に乗ろうとした時に、ダイヤが薄く、なかなか思うように工程が組めません。久し振りに時刻表を見てみたところ、都市間バスが安く、ダイヤも充実していることが多く、夜行便まであることを知りました。
バスでの長距離移動は全員が選ぶものではないかもしれませんが、少なくとも道路を作り維持することのコスト負担が相対的に小さい(道路を作り終えている地域からの収入で財源を補填できている)バスには、価格競争力を保つことができているのだと理解しました。
JRが地域ごとに分割され、北海道や四国のように大きな財源を持たないエリアでは、このような収支の均衡を図ることができないのは必然なのだと思います。
JRも既に上場、公開された会社が大きな財務基盤を有していることを考えれば、大都市圏の収入を他のJRに融通することはもはやできませんし、上下分離のスキームを考えなければならないのだろうとも思います。
追伸
東海道新幹線の魅力、私も着目してみたいと思います。コメントお返し頂き、ありがとうございました。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/
  1. 2017/03/31(金) 11:09:06 |
  2. URL |
  3. 風旅記 #O7xVy9HA
  4. [ 編集 ]

風旅記さんへ

風旅記さん、コメントありがとうございます (^^)

昨今の鉄道、とくに地方鉄道の状況は、たいへん厳しい状況にあり、事態も深刻化していますね。
地域での乗車率をあげようにも、人口減少と都市部への集中というなかにあっては、それも難しく、やはり鉄道の魅力を再認識してもらい、都市部の人間を呼び込まない限り、うまくいかないでしょう。
その一方で、地域のニーズにあったダイヤ編成や仮説乗降場の設置なども不可欠だと思います。
鉄道は、単なる交通手段にとどまらず、地域の人々にとっては支えのひとつです。
東日本大震災で分断された鉄路がつながったとき、どれだけの人が勇気をもらったことでしょうか。
とはいえ、最終的には、ヨーロッパに多い上下分離方式に移行するしか、地方ローカル線は生き残れないと思っています。
ただし、この場合も、地方自治体では負担が大きく、国が主導してすべきでしょう。
道路にばかり税金をつぎこんできたツケがここにきているのですから、その責任はきちんと取るべきだと思っています。
高齢化社会のなかで、鉄道はふたたび見直され、その価値は増してくると思います。
さまざまな知恵を出し合って、地方再生の起爆剤にしていきたいものです。

  1. 2017/03/31(金) 15:58:09 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

東京の京急電鉄と相模鉄道ではアンパンマン列車を走らせず、代わりに京急・相鉄では美少女戦士セーラームーン、京急ではフレッシュからGo!プリンセス、魔法つかいまでのプリキュアとキラキラプリキュアアラモードの電車を走らせるそうで、該当する編成の車内には「セーラームーンシート」なる座席が設置されるそうです(京阪と富士急との間で機関車のトーマスの対決はあるがアンパンマンの対決は無く、1994年と1995年に京王帝都電鉄(現在の京王電鉄)で8000系や今はなき6000系を使ってセーラームーンエクスプレスを走らせていたが、京急や相鉄がアンパンマン列車を走らせる予定はない(京王や相鉄の8000系電車は特急の他に急行・快速・各駅停車としても走っている))。
理由として、やなせたかしさんがなくなられたとかでアンパンマンの人気が減少していることと、アンパンマンのアニメで「顔がぬれて力が」というシーンがかつての京急1500形電車や相鉄8000系電車の事故廃車を連想させて不吉・不適切なことと、京急沿線にはアンパンマンがきらいでセラムンやプリキュア、相鉄沿線にはアンパンマンがきらいでセラムンが好きな人が多いためです。
  1. 2017/03/31(金) 22:36:58 |
  2. URL |
  3. まいんど #YeO3oX9s
  4. [ 編集 ]

まいんどさんへ

まいんどさん、はじめして。

まいんどさんは、2014年頃からアンパンマン列車の記事がアップされるたびに、全く同じ文章のコメントを、あちこちのブログに投稿されていますが、これはNGですよ。
京急&セーラームーンも、どこからの情報でしょうか。
今後は、気をつけてください。
  1. 2017/03/31(金) 23:34:27 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する