光と風のなかへ & 追憶の鉄路

海洋堂ホビートレイン






JR四国には アンパンマンのほかにも 「海洋堂ホビートレイン」という列車がある

フィギュアでは世界的に知られる海洋堂の社長が高知県出身ということで

四万十町に海洋堂ミュージアムがオープンした6年前から運行しているという

しかも臨時ではなく定期運行というのだから それなりに人気もあるのだろう



海洋堂ホビートレイン



車両もすでに3代目 外観は清らかな川を楽しむかっぱ達をイメージしたという

かっぱのフィギュアなども置かれて かっぱの世界を満喫できるというが

残念ながら回送となって すぐに発車してしまったので なかはわからない

四万十旅情にかっぱの世界 機会があれば 一度 体験してみるかな

とにかく鉄道は人が乗らなければ 利益につながらない

地域が過疎にあえぐなか 乗車率をあげるためには外から客を呼ぶしかない

鉄道ファンのなかには車で撮影に励むかたもいるが それでは鉄道は続かない

乗ってこその鉄道 JR四国の取り組みに これからも応援していきたい

ちなみに撮影した宇和島駅は いまも有人改札だ

自動改札になれている都会の人間には 人がいる改札は とてもあたたかい



宇和島駅



Panasonic GX8
2017.2.26. 撮影


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/30(木) 12:24:47|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:0
<<桜だより 2017 武蔵小杉 | ホーム | アンパンマン列車>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する