光と風のなかへ

国鉄解体の日






1987年4月1日 午前零時

さまざまな政治的な思惑(国労・総評・社会党潰し)と一部の金儲けのために

百年以上も続いた栄光ある「日本国有鉄道」が政府によって解体された



日本国有鉄道 本社ビル



たしかにJRの発足によって 都市部ではサービスは向上したかもしれない

しかし 国鉄解体から30年たったいま 地方はどうなったか

全国一律の賃金体系は崩壊し 不公平差は拡大した

列車本数は大幅に削減され 駅は無人化されて 路線の廃止も進む

なかでも北海道の鉄道網は もうズタズタだ

産業構造が変化し 人口が減少するなか

もともと体力が弱い北海道や四国などを別会社に分割すればどうなるか

そんなことは すぐに予測できたことだった

道路には税金をぶちこんで 鉄道は儲かる路線以外は潰していく

廃止を届出制に改悪した鉄道事業法の変更も大きかった

最大の目的とされた巨額の債務も解消できていない

効率化と利潤追求を生み出した分割民営化は 大きな失敗であった



日本国有鉄道 本社ビル



旅の楽しさも 大きく損なわれた

鈍行の長距離列車 急行列車 夜行列車も廃止され 旅費の負担は増した

若者に人気だった周遊券もつぎつぎと消え あっても日数が大幅に縮小された

鉄道がもつ利便性や楽しさを奪っては もはや廃れるだけだろう

昨年 一部が廃止された留萌線は 線路沿いに学校 病院 自衛隊駐屯地がある

その前に乗降場を作り 利便性のあるダイヤを組めば乗車率はあげられただろう

地域密着による鉄道再建と言いながら どこまで本気なのか

災害が起きれば 放置して廃止の機運が高まるのを待つ

廃止ありきでつき進むJRは もはや鉄道事業者として失格である

技術系を中心に100人も離職したJR北海道は これからどう安全を維持していくのか

明日はJR発足の30年を祝うイベントが各地で予定されているが

つぎの10年 どれだけの鉄路が残っているだろうか

公共交通機関である鉄会社は 効率化と利潤追求だけで動いてはならない

高齢化社会に向かう日本 だからこそ鉄道の価値をもう一度見いだすべきだ



日本国有鉄道 本社ビル



あれから30年 若かった自分も還暦をすぎ 高齢化社会の仲間入りをしつつある

振り返れば 国鉄最後の日は 山口線で 日章旗をつけた蒸気とともにすごしていた



山口線



そのC57 1号機も 今年で80歳の高齢だ

部品の取り替えで 羽越時代の1号機とは 中身が違うが 魂は受け継いでいる

復活蒸気のなかで 唯一 現役時代の魅力を感じられる山口線

これからも元気で活躍してほしい

今年は30年ぶりの再会も計画している



山口線



山口線でC57の僚輝だったC56 160号機は

国鉄最後の日 深夜の汐留で汽笛を鳴らした

その汽笛は 新しい門出を祝うものではなく 悲しみに満ちた汽笛に聞こえた

そのC56も 山口線の運用からははずれるようだが まだ元気な身

もう一度 四国か ふるさとの能登で活躍してもらえないだろうか

そのときは鉄道ファンは 車ではなく 鉄道を利用して撮影に出かけてほしい




日本国有鉄道 本社ビル
山口線 徳佐 仁保~篠目
山口線のみ 1987.3.31. 撮影


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/31(金) 18:23:01|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:4
<<新年度! | ホーム | 桜だより 2017 武蔵小杉>>

コメント

時の流れは早いものですね。

正直言うと最近は鉄道写真を撮りに行ってもやれマナーだやれ場所確保だとかなんとかで
仕事以外で行くのがすっかりつまらなくなりました・・・ (なんでもない平日に行けばまだこの辺りは誰もいなかったりしますけど)
それよりはたとえ県内とかでも普通の電車や路線バスを乗り継いで気のいい仲間と旅をしている時の方がよっぽど魅力的です。
常に新しい発見があります ! 北海道も乗り鉄で行けばやはりまだまだそこは魅力に満ちた大地です !!

また都会では自動車免許を返上しても近くにはまだ商店街があったり他の交通機関が便利なので全く問題ないのでしょうが、
過疎が急激な地方では大きなショッピングモールかコンビニぐらいしか買い物できるところがなくて
車を奪われ、鉄道やバスなども廃止されれば全くの孤立状態な高齢化世帯ばかりになってしまいます。

昨今では人手不足で宅配もままならなくなりそうと言うことですので、貧乏人は通販もできなくなりそうですし
東京五輪も良いのですが、なんとかお金を別に使ってもらうことはできないものなのでしょうか・・・
  1. 2017/04/01(土) 12:54:38 |
  2. URL |
  3. 楓ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

楓ちゃんへ

楓ちゃん、コメントありがとうございます (^^)

楓ちゃんも、鉄道写真を撮ることに嫌気がさしはじめましたか。
仕事では、どうしても撮影しなければならないこともあるので、プライベートで三脚乱立のなかにはいるのは、なおさらイヤになってしまうのでしょう。
私は、もうだいぶ前からイヤになりましたので、復活蒸気をはじめ、イベント列車の撮影はやめて、日常のなかの鉄道風景にシフトしています。
楓ちゃんも、仲間たちとの乗り鉄のなかで、新しいテーマをみつけてはいかがでしょうか。
いや、もう、見つけているかな(^^)

地方は、郊外の大型ショッピングセンターばかりが栄え、駅を中心とした古くから商店街は、どこもシャッター通りになってしまいましたね。
しかし、高齢化が進めば、いずれは車を運転することも難しくなります。
だとしたら、やはり鉄道の出番でしょう。
駅を情報発信の基地として、またコミュニケーションの核として、なんとか再生し、周辺の商店街を再生できないものでしょうか。
時代や地域にねざした鉄道、まだまだ出番はあると思います。

オリンピックは決まってしまった以上、今更やめるわけにはいきませんが、たくさんの外国のかたが来日されるでしょうから、いまから地方はホームページでさまざま情報(とくに観光情報)を数カ国語(ここ、とくに重要)で発信し、少しでも遊びに来てくれる環境づくりをしておく必要があると思います。
どうもこのあたり、どの地方も対応が遅れているようですが、たとえば愛媛県の松山は、温泉と城、そして瀬戸内海を全面的にPRしているようで、欧米からの観光客を多く見かけます。
オリンピックは、いろいろな問題もあるのですが、地方は、むしろここはチャンスだと思って、オリンピックを利用してどんどん発信していけば、活路が開けるかもしれませんね。
楓ちゃんも、オリンピックに向けて、忙しくなりそうですね。
  1. 2017/04/01(土) 22:22:07 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

分割民営化の時に、「地域によっての格差は生じない。それどころか民営化によって様々なサービスを受けられ、もっと便利になる」と聞いた覚えがあります。
郵政民営化の時も同じようなことを言っていた記憶がありますが、その結果は今の通り地域格差が広がりました。
当時の小泉首相は、「国鉄が分割民営化されて鉄道がなくなりましたか?電電公社が民営化されて電話がなくなりましたか?」とバカなことを言ってましたが、このような現実をねじ曲げ、今も政策を推し進める政府のやり方に憤りを感じます。

国鉄が民営化され、有人駅でもホームの列車監視は都会の駅の一部だけ、それとて人員は少なくなりました。
ホームでの転落死傷事故も、ドアに巻き込まれ発車する事故も、適正な人員がいれば今よりは防げたのではないかと思います。

JRになって消費税に伴うもの以外では一度も運賃値上げはしていないと豪語する東日本。
長距離鈍行や急行の相次ぐ廃止によって、料金の高い特急券を買わねばならなくなりました。それどころか今度は新幹線で在来線廃止、もしくは第三セクターとなり、在来線特急券よりさらに高い新幹線特急料金を払わねばならなくなりました。
旅行するにも選択の余地はなくなり、地方では生活の足としても不便になりました。

現在私の住む北海道も鉄路存続が問題となっています。
同僚でも鉄道利用者がいますが、今のJRは路線を廃止したいがために、「利用者がいないから」という理由をつけてわざと不便にしているようにしか思えない…と不満を露にしています。
近辺では巨額の国費を投じて高規格道路なるものを盛んに作っていますが、周りは高齢化も進み、特に冬の雪道運転は恐いと車の運転を嫌がる人も増えました。
このままでは地方格差は広がるどころか崩壊してしまいます。

JRになって、都会では確かに便利になりました。でもそれと引き換えに地方はどうなっているか…。
目先の利益ばかり追求するのではなく、20年、30年先を見据えたことが出来ないものかと思うばかりです。

長文を大変失礼致しました。
  1. 2017/04/02(日) 12:39:37 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

u403tsugaruさんへ

u403tsugaruさん、連投コメントありがとうございます (^^)

国鉄が解体されて、はや30年。
あのころ自民党は、民営化されればよくなるというキャンペーンをはっていましたが、現実は、都市部をのぞけば、どれもこれも嘘八百。
しかし、国民は、だれもそれを追及しないし、国鉄解体が失敗だったという声もあまり聞こえてはきません。なんとも困った時代になったものです。
なかでも北海道の鉄道網は壊滅状態で、廃止するためにわざと不便にしているという指摘は、ある意味、あたっているかもしれません。
東京をはじめ、都会の人間は、恩恵に授かっているために気がつかない人が大多数ですから、北海道の人がもっと声をあげていかないと、どんどんJRのいいなりになってしまうでしょう。
北海道の鉄道は、開拓の歴史と重なりますが、その歴史をJR北海道が抹殺していくとは、なんとも皮肉な結果です。
このさき地域格差はさらに拡大し、たいへんいびつな社会構造になってはじめて、さあどうしよう、ということになるでしょうが、それでは遅すぎます。
長期的な展望にたった政治家を国民がきちんと選ぶ、当たり前のことですが、これにつきると思います。
また、地方自治体のなかには、地域再生のためにいろいろなアイデアを出している若い役人もいますが、現状維持を守ろうとする上司や地元有力者たちに阻まれ、悔しい思いをしている話もよく聞きます。
地方も、古い体質を捨て去って、若い人たちの声を吸収していく努力が必要でしょう。
時代は、若者たちがかえていくのですから、その若い力に期待したいと思います。

  1. 2017/04/02(日) 15:59:12 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する