光と風のなかへ & 追憶の鉄路

神戸散策 02 海岸ビル(旧三井物産神戸支店)






商船三井(旧大阪商船神戸支店)のビルと向かい合うように建つ

大正7年(1918に)竣工の海岸ビル(旧三井物産神戸支店)



海岸ビル(旧三井物産神戸支店)



だが当時の建物は地震で大きな被害をうけて解体された



海岸ビル(旧三井物産神戸支店)



このため現在の建物は 外壁の石材を再利用して再建されたものとなる



海岸ビル(旧三井物産神戸支店)



ただ 完全な再建ではなく 15階建ての高層ビルの周囲に外壁を取り付けたため

かなり違和感ある外観になってしまったのは 残念なところ



海岸ビル(旧三井物産神戸支店)



もちろんすべて解体してしまうよりは 良いかもしれない

しかし旧居領地という歴史的な景観を考えると もう少しデザインに工夫がほしかった



海岸ビル(旧三井物産神戸支店)



古い建物の保存か 新しいビルへの建て替えか

地価の高い都会ではたびたび問題となり その苦肉の策が外観だけを残すという方法だが

その場合も周囲の景観を考えてビルの建設をおこなうへきだろう



海岸ビル(旧三井物産神戸支店)



日本は文化財への関心は高いが

歴史景観という視点が希薄で それが街作りにも影響している



海岸ビル(旧三井物産神戸支店)



海岸ビルの内部は 一部の床面を取り払っているため

被写体として楽しむならば おもしろい構造になっている



海岸ビル(旧三井物産神戸支店)



入口の木の扉は古く 意匠も施されているから もとの建物からの再利用だろう



海岸ビル(旧三井物産神戸支店)



この時代の建物は 無機質な現在の建物と違ってデザインが凝っている

高層ビルを建て直す時代がきても 外壁は大切に保存してもらいたい



海岸ビル(旧三井物産神戸支店)




Panasonic GX8
Nikon Df
海岸ビル(旧三井物産神戸支店)
2017.5.1. 撮影


関連記事

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/14(日) 02:11:26|
  2. 旅日記 兵庫県
  3. | コメント:0
<<横浜散策 氷川丸 | ホーム | 二人の神戸 商船三井 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する