光と風のなかへ & 追憶の鉄路

ソースカツ丼






カツ丼といえば 卵でとじたカツの丼のイメージがあるが

なんでも大正時代に登場した最初のカツ丼は ソースで味付けしたカツ丼だという

長野県駒ヶ根市も このソースカツ丼を名物にしているらしく あちこちで見かける

せっかくなので 東京に戻る前に有名な明治亭でお昼ごはん



明治亭 駒ヶ根店



丼飯の上に山盛りの千切りキャベツを敷き ソースカツを乗せた一品

少しソースが甘めだが 会津で食べたソースカツ丼よりおいしい

しかし キャベツの量がはんぱじゃない

さらに肉の大盛りもあるというのだが よほどお腹がすいていないと厳しいかな



明治亭 駒ヶ根店




iPhone7plus
明治亭 駒ヶ根店
2017.6.14. 撮影


関連記事

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/18(日) 00:42:09|
  2. Food show
  3. | コメント:2
<<今年も熱き季節がやってきた | ホーム | いつか世界をかえる力になる>>

コメント

御馳走様でした

イヤ~。美味そうなソースカツ丼ですな。
カツ好きにとってはたまらない写真です。
思えば、「ソースカツ」に「ミソカツ」、さらには「わらじカツ」。
どれをとっても、卵とじより不思議と生唾の出がよいような。
ソースだってブルドックやカゴメのわけもなく、秘伝だったりしたりして。
こういうのは罪な食い物です。メタボの素となるか、老化防止となるか。
バンバン動いて、美味しくカツを食らう。そんな生活がいいですね。
臨場感溢れるソースカツ丼、御馳走様でした。
  1. 2017/06/19(月) 18:33:20 |
  2. URL |
  3. こあらま #qruvZBko
  4. [ 編集 ]

こあらまさんへ

こあらまさん、コメントありがとうございます (^^)

卵にとじたカツ丼もおいしいですが、やっぱりカツはソースですよね(^^)
なんでも、この店の秘伝のソースだそうで、駒ヶ根市のソースカツ丼の多くは、このソースを使用しているようですよ。
個人的には、もう少し辛みがあったほうが好みですが、かなりの人気店らしく、お昼時だったので、しばらく店の前で待機。
ようやく席に案内されたあとも、料理が出てくるまでさらに待たされましたが、良質の油で揚げているのか、なかなかおいしいカツ丼でした♪
ただ、この日はこのあと東京までバス移動。全く動かずじまいだったので、完全にメタボの素になりましたね ^^;
途中のサービスエリアでアイスまで食べてしまったので、なおさらかな。
名古屋の味噌カツ、秩父のわらじカツ、そういえば、北見だったかな、「たれカツ丼」なんてのもありましたが、カツ丼好きには、どれもたまりません。
しかし、バンバン動かないと、たいへんなことになりそうです。
それにしても最新のiPhone、キャベツは白とびしていますが、食べ物を撮ると、おいしそうに撮れます。このあたりも人気の秘密なのかもしれません。
  1. 2017/06/19(月) 20:35:07 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する