光と風のなかへ & 追憶の鉄路

おはなはんのふるさと 大洲






大洲の夕刻 どこからか懐かしいメロディが聞こえてくる

朝の連続テレビ小説 『おはなはん』 だ



大洲



もっとも おはなはんと言ってわかるかたは 60代以上だろう

平均視聴率45.8% 最高視聴率はなんと56.4%という 伝説のドラマ

なんでも物語の舞台が大洲だったということで 「おはなはん通り」まである



大洲



ドラマの内容は 全く覚えていないが

テーマ曲は いまもしっかり耳に残る



大洲



樫山文枝も綺麗だったな

朝ドラヒロインのなかにあって いまも別格の存在だろう



大洲



おはなはん 今度は大人の視点で ゆっくり見てみたいものだ




Panasonic GX8
愛媛県 大洲
2017.2.25. 撮影


関連記事

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/04(金) 01:10:32|
  2. 旅日記 愛媛県
  3. | コメント:2
<<8月6日 72年目の夏 | ホーム | 古き町並み 大洲>>

コメント

おはなはん

NHKの朝ドラが女性の一代記シリーズになったのは、これからだと思います。
それ以前の、「うずしお」や「たまゆら」は原作者も林芙美子と川端康成で、
文芸作品のドラマ化でしたから。
まぁ、朝ドラってニュースの続きで惰性で見てるものでしたが。
私は当時小学生で、おそらく総集編は見たでしょうが、登校時間帯だったし、
そこまで毎回筋を追って見ていたはずはなく、しかしテーマ曲だけはよく
覚えているのは、おそらく通学途上のあちこちの家から聞こえてきたから
だと思います。
大洲が舞台だったのはおはなはん結婚前までで、結婚後は東京が舞台。
それからが話が長かったような。大辻伺郎扮する馬丁・細倉が近所で
とんかつ屋を開業するなんてのも記憶に残ってます。
おはなはんのテーマ曲だけでなく、大河の「赤穂浪士」や新日本紀行の
テーマ曲もよく覚えてますね。もちろん、「コンバット」のも(笑)
  1. 2017/08/05(土) 11:43:01 |
  2. URL |
  3. マイオ@撮り鉄夏休み中 #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

マイオさんへ

マイオさん、コメントありがとうございます (^^)

おはなはんは、実在のモデル(林はな)がいらして、ホントは徳島がふるさとだったそうですが、いろいろな事情で大洲が撮影の舞台となったそうです。大洲は得をしましたね。
ただ、私も登校時間なので、本放送はほとんど見ていません。
それでも強烈な印象が残っているのは、夏休みなどに親が見ていたのを、横からチラ見をして樫山文枝、綺麗だなあと思っていたからなのかもしれません。
だからストーリーは記憶にありませんが、樫山文枝の明るさと音楽だけはしっかりと覚えています(^^)
そんななか、大洲の村で調査をしていたら、夕刻、このメロディが流れてきて、びっくりしました。
実は、そのときまで大洲が「ふるさと」だったことを知りませんでした。
NHKのデータによると、おはなはんは、6作目。けっこう初期の作品なんですね。
女性をヒロインとする手法は、1作目からのようですが、定型化するのは、8作目の藤田弓子主演の「あしたこそ」からのようです。
http://www9.nhk.or.jp/asadora/
それにしても、おはなはんといい、赤穂浪士といい、音楽の記憶というのは、すごいものがありますね。音楽がもつ力でしょうか。
コンバットは、毎週見ていたので、内容も断片的に覚えています。
サンダース軍曹、カッコよかったですね。

  1. 2017/08/05(土) 18:16:02 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する