光と風のなかへ

川鵜飛ぶ多摩川






東海道新幹線 N700 多摩川橋梁



出張時はいくつもの調査機材を持ち運ぶために

カメラは極力小型に徹しようと このところの相棒はPanasonicのGX8

このカメラ とても良いカメラで 解像力も十分 しかも防塵防滴

そのうえ何度も石の上に落としても壊れない頑丈さをもつ

まさに野外調査に最適なカメラなのだが

東京に戻ってNikonのDfを手にすると 楽しさが全く違う

映像を切り取るミラーレスと違って 実像を切り取る光学ファインダー

シャッターを押したとき 手に伝わる心地良いミラーの震動

たぶんそのすべてが撮ることの楽しみにつながっているのだろう

慣れしたと親しんだフィルムカメラと同じ形 むかしのNikonの字体も大きな魅力だ

最新のフルサイズと比べると 性能は一世代前のものになってしまったが

お散歩には十分すぎる性能 いつまでも大切iに使いたい



Nikon Df
東海道新幹線 新横浜~品川
2017.9.2. 撮影


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/09(土) 01:07:19|
  2. 夢の超特急・新幹線
  3. | コメント:0
<<夏の海 柳井港 | ホーム | 「青ガエル」復活>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する