FC2ブログ

光と風のなかへ&追憶の鉄路

哀悼 Mr.C56






ここに行ってみたい こんな写真を撮ってみたい

そんな想いを描きながら夜汽車にゆられて向かった小海線

はじめて訪れたときは まだ中学生だった

撮影ガイドなどほとんどなかった時代

僕らが教科書がわりにしていたのが 塚本和也さんの写真だった

小淵沢の大カーブ 八ヶ岳をのぞむ境川橋梁

ここから撮ったんだぁ と感動しながら 同じ場所に立ち

構図を真似をしながら 何度も撮影した高原のポニー

僕らはそうやって撮影の腕を磨いていった

写真家であり C56の専門家でもあった塚本和也氏

「C56といえば塚本和也」と言われるほど大きな存在だった

その塚本さんが先日の160号機の本線引退を見届けるように

6月2日 逝去されたと風の便りで知った

まさにC56とともに歩んだ85年の生涯

いま頃は先に旅立ったポニーたちをまた追いかけていることだろう

心から哀悼の意を表し ご冥福をお祈りしたい



蒸気機関車 C56 159



C56159 183レ
小海線 小淵沢~甲斐小泉
1972年(昭和47)5月7日 撮影

鉄道コム


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/06/12(火) 11:20:48|
  2. 追憶の鉄路 C56
  3. | コメント:4
<<二十四の瞳 | ホーム | 新緑の京都 鞍馬 04>>

コメント

小海線

高原を走る姿も小海線らしいですが、ここも有名ポイントだけあった、小海線と一目で分かります。
混合列車というのが、いいですね。
見る限り、かなりのお客さんが乗っているようですが、客車が一両だけで、貨物優先の良き時代ですね。
  1. 2018/06/13(水) 09:19:11 |
  2. URL |
  3. 枯れ鉄 #-
  4. [ 編集 ]

枯れ鉄さんへ

枯れ鉄さん、コメントありがとうございます。

小淵沢の大カーブは、とても有名な場所でしたね。
この列車は、定期の貨物に客車を併結させた臨時の混合列車でしたが、小海線にはとてもよく似合います。
ある意味、イベント列車なのですが、復活蒸気にはない良さがあるのは、貨物があることでしょう。
いまおこなったら、とても1両では収まりきれませんね。
しかし、C56160が引退した今、小海線にポニーが戻ることは、ないかもしれません。
残念です。

  1. 2018/06/13(水) 11:47:58 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

小海線と高原のポニー

72年ゴールデンウィークの臨時混合列車ですね。夏にもう一度。そして秋には無煙化。
翌73年夏には、2両客車の混合列車が登場。塚本さんが当時の磯崎国鉄総裁を動かしてのリバイバルでした。
残念ながら、その頃の騒ぎから、小海線での蒸気の復活は断念され、その座は山口線へ。
今も、臨時列車を運行するたびに、大カーブの農家からクレームが来ないか、JRは冷や冷やです。

それにしても、塚本さんの並々ならぬC56への思い入れには、色々と驚かされました。
最たるものは、何といっても、タイ、ビルマから、2両のC56を帰還させたことです。
ジャングルをかき分けてC56を探されたといいますから、まさに、戦友の遺骨収集だったのでしょう。
帰還活動を通じて、戦争の愚かさについても訴えて来られました。
ブレることのなかったC56人生の始まりは、やはり小海線にあったのでしょう。
きっと、塚本さんも、もう一度「高原のポニー」を見たかったのではないでしょうか。
  1. 2018/06/14(木) 00:56:35 |
  2. URL |
  3. こあらま #TbpoMpDY
  4. [ 編集 ]

こあらまさんへ

こあらまさん、コメントありがとうございます。

塚本さんのC56に寄せる想いは、とてもひと言では語り尽くせぬほどの熱いものがありましたね。
なかでも塚本さんの大きな功績は、出征機関車であった2両のC56をタイから帰還させたことだと思います。
こあらまさんが仰るように、戦友の遺骨収集のようなお気持ちだったのでしょう。
このうち31号機は靖国の遊就館で保存されることになりましたが、44号機はボイラーこそ転装したもののいまも現役。
戦争に翻弄されたとはいえ、復員後は赤い機関車ジェームスとなって子供たちの人気ものになっている姿を見て、塚本さんも喜ばれていたのではないでしょうか。
それでもあと一回、「高原のポニー」として活躍する姿をお見せしたかったですね。
ボクらもそれを期待したいところですが、昨今の撮影マナーの悪さを見ると、厳しいのかもしれません。残念です。
なお、来月の出張にあわせて、久しぶりにシゴナナに会いに出かけてきます。
問題は、写真が撮れるかどうか。新山口あたりなら可能かな。
  1. 2018/06/14(木) 22:12:58 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する