光と風のなかへ & 追憶の鉄路

追憶の鉄路 昇り龍のごとく







ドラフトを響かせて

D51が坂を登ってきた




蒸気機関車 関西本線




はきだす煙が

昇り龍となって天を舞う




蒸気機関車 関西本線




このさきのカーブをまがりきると

関西本線の最大の難所

加太トンネルだ




D51 1054
関西本線 柘植~中在家

1972年(昭和47)11月7日
Canon FT

「追憶の鉄路」は 中学1年から大学1年まで 夢中で追いかけた蒸気機関車の記録です
古い写真のなかには拙いものもありますが 時代の記録としてご覧ください
なお画像の無断転載はご遠慮ください
ブログなどに転載するときは写真の下にこのブログのURLを明記しご一報ください



関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/16(水) 01:02:00|
  2. 追憶の鉄路 D51
  3. | コメント:6
<<多摩川の秋 | ホーム | ラブベア>>

コメント

柘植側

柘植側の池の所ですね。
私は、採石場側から、池をバックに撮っています。
客レにしては、荷物車が多すぎるのですが、荷物列車にしては、2両の客車が・・・・
煙が真上よりやや前に流れて、D51の苦しさが伝わってきます。
  1. 2009/12/16(水) 17:05:44 |
  2. URL |
  3. 枯れ鉄 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんわ~~~
昇り竜ですね
素敵ですv-10
煙って本当に竜に見える事がありますよね
写真で切り取るのはなかなか難しいですけど・・・・
通っておられるとこういうのも撮れるのですね

本格的に寒くなりました
どうぞご自愛下さい
  1. 2009/12/16(水) 18:11:59 |
  2. URL |
  3. sakura498 #-
  4. [ 編集 ]

枯れ鉄さんへ

コメントありがとうございます(^^)


>柘植側の池の所ですね。私は、採石場側から、池をバックに撮っています。

採石場からのほうが池の雰囲気がでましたね。
反対側からだと、大河沿いに走っているようです。
加太越えは、補機の迫力に加えて、築堤あり、池あり、トンネルあり、信号場ありと、バラエティに富んだ、とても魅力ある線区でしたね。


>客レにしては、荷物車が多すぎるのですが、荷物列車にしては、2両の客車が・・・・

撮影データを書き込んだ当時のノートが見あたらないので、列車番号がわからないのですが、当時は客レといっても、荷物列車のほうが多い編成もありました。
まだ蒸気牽引の客レが残っていた時代なので、その1本ではないかと思います。


>煙が真上よりやや前に流れて、D51の苦しさが伝わってきます。

加太越えのD51は、どれも迫力がありましたね。
枯れ鉄さんの採石場からの写真も、ぜひアップしてください♪
  1. 2009/12/17(木) 00:46:03 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

sakura498さんへ

コメントありがとうございます(^^)


>昇り竜ですね

ねっ、そんなふうに見えるでしょ(^^)
ここは鉄道の難所として知られた加太(かぶと)越え。
D51の迫力が存分に堪能できる路線でした。


>煙って本当に竜に見える事がありますよね

はい(^^)
現役時代は、龍のごとく空高く昇る煙を何度も何度も見ました。
峠に向かう蒸気と風向きがうまくあえば、復活蒸気でも撮影することができるかもしれませんね。


>本格的に寒くなりました。どうぞご自愛下さい

きょうは寒かったですね。
sakura498さんも、インフルエンザに襲われないように、気をつけてくださいね♪

ところで、先日(12月13日)の「加太越え」の記事に対するコメントのお返事、お読みいただけましたでしょうか。
  1. 2009/12/17(木) 00:59:17 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

まこべえさん
こんにちわ
かなり遅いコメントとなりました。
すいません。
今日はこちらでポチッです。
1054号機、これまたなつかしいカマ
1045号機と紛らわしいカマもありましたが外観は全く違っていた。
まこべえさんのところに来ると妙に落ち着くのです。
私の癒しのポイントってとこでしょうか?
これからもよろしくです。
  1. 2009/12/25(金) 12:43:07 |
  2. URL |
  3. はばかりのジョニー #-
  4. [ 編集 ]

はばかりのジョニーさんへ

コメントありがとうございます(^^)


>かなり遅いコメントとなりました。

いえいえ、コメントに遅いも早いもありませんので、いつでもどうぞ。
コメントをいただけるだけで嬉しいです(^^)


>1045号機と紛らわしいカマもありましたが外観は全く違っていた。

1045号機は、戦時型の特徴をドームに残していましたね。
ただライトがシールドビームに改良されていたのが、残念でした。
この地区のD51は、バラエティに富んでいましたね。


>まこべえさんのところに来ると妙に落ち着くのです。 私の癒しのポイントってとこでしょうか?

これは嬉しいコメントをいただき、ありがとうございます(^^)
少年時代の思い出をくすぐるからでしょうか。
ただいまクリスマスシーズンなので、蒸気写真はちょっとお休みしていますが、もうまもなくしたら加太越えの続編をお送りしますね。


>これからもよろしくです。

こちらこそ♪
先日は、撮影のお誘いありがとうございました。
とても嬉しく、ぜびぜひご一緒させていただきたいところですが、まこべえ、平日休みで、土日に仕事がはいることが多々あり、蒸気運転日に出かけられないのです。
ジョニーさんのご都合と、まこべえの休日がうまく合ったときは、ぜひご一緒させていただこうと思いますので、その時はまたよろしくお願いいたします。
  1. 2009/12/25(金) 15:51:51 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する