fc2ブログ

光と風のなかへ&追憶の鉄路

追憶の鉄路 佐倉機関区 24






C58の動輪直径は1520㎜

客車も貨物も牽引できる中型の機関車だった

頭に給水温め器を載せ 水容量の大きなテンダを備えて

日本の各地で活躍した万能機関車だった

この頃は東京近郊でも総武本線をはじめ

八高線や横浜線でも活躍する姿を見ることができた

まさかこのあとC58を追いかけて

北は釧網・根室本線へ 南は九州の志布志線まで

たった一人で旅を続けることになろうとは

まだ中学1年生だった少年には想像もつかないことだった



蒸気機関車 C58100



佐倉機関区
C58 100
フジカハーフ
ネオパンSS
1969(昭和44)2.2. 撮影

鉄道コム


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/09/25(土) 01:19:45|
  2. 追憶の鉄路 C58
  3. | コメント:0
<<追憶の鉄路 花輪線 最後の三重連 | ホーム | 中秋の名月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する