fc2ブログ

光と風のなかへ&追憶の鉄路

路面電車が走る街 熊本 11






なんともカラフルな電車がやってきた

熊本交通局の全面広告電車 1093号だ

片身替とは何とも粋だが 広告主は三陽自動車学校

初心者マークをあらわしているのかな



熊本市交通局 1090形1093号



ちなみに1093号は1957年誕生の古参の電車

後ろに続く1994年生まれの9205号とはデザインがまるで違う

しかしチンチン電車といえばやっぱり前面は三枚窓だろう

懐かしき「昭和」の顔がここにいる



Panasonic G9 PRO
熊本市交通局
1090形 1093号
2021.2.21. 撮影

鉄道コム


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/09/28(火) 01:28:06|
  2. 路面電車が走る街
  3. | コメント:2
<<路面電車が走る街 熊本 12 | ホーム | 追憶の鉄路 花輪線 最後の三重連>>

コメント

チンチン電車の顔

確かに、チンチン電車の顔は、三枚窓ですね。ただ、京都市電を見慣れてきた枯れ鉄は、熊本市電には何か違和感を感じます。
撮影していて、なんでだろう?
それは、ヘッドライトの位置なんでしょうか。京都の市電は、おでこにヘッドライトですが、熊本市電はお鼻にヘッドライトなんですよね。
おそらく、これが違和感の原因かと(笑)
  1. 2021/09/29(水) 09:07:37 |
  2. URL |
  3. 枯れ鉄 #-
  4. [ 編集 ]

枯れ鉄さんへ

枯れ鉄さん、コメントありがとうございます。

たしかに京都市電のライトはおでこにありましたね。
ちょとした違いですが、目立つ存在なので、京都市電を見慣れていると、熊本市電はどこか違和感があると思います。
ただ、東京都民からすると、都電のライトはお鼻の位置。横浜市電もお鼻の位置。
関西も、神戸市電がお鼻の位置ですから、京都が独創的だったのかもしれません。
運転士からすると、どちらのほうが運転しやすかったのでしょうか。


  1. 2021/09/29(水) 18:10:41 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する