fc2ブログ

光と風のなかへ&追憶の鉄路

追憶の鉄路 佐倉機関区 26






週末になると線路を敷いて走らせていた鉄道模型

もう半世紀もむかしの話だ

小遣いやバイト代はすべて蒸気の撮影に投入していたから

模型にまわす余裕もなく よく紙で車輌を製作していた

なかでも蒸気の模型はとても高かった

天賞堂は高嶺の花でカツミも手が届かなかった

それでもなんとか頑張れば買えそうだったのが宮沢模型だった

最初の入線はC58 その後しばらくしてD50も入線した

なぜC58だったのか よく覚えてはいないが

総武線や八高線で早くから見慣れていたからだろう

あるいは一番低価格だったからか

ふと思い出して探してみたが D50は健在だがC58がいない

思い出のC58 どこに走っていってしまったのだろう



蒸気機関車 C58 297



佐倉機関区
C58 297
フジカハーフ
ネオパンSS
1969(昭和44)2.2. 撮影

鉄道コム


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/10/08(金) 11:52:44|
  2. 追憶の鉄路 C58
  3. | コメント:2
<<路面電車が走る街 熊本 13 | ホーム | 九州新幹線 800系 01>>

コメント

鉄道模型

鉄道模型は、小学生のころから楽しんでましたが、カツミのED58とかの自由形に貨物を牽かせて遊んでました。天賞堂は高嶺の花で、カツミやカワイのカタログを集めてみても、溜息が出るばかりでした。
やっと、大学時代にバイト代を溜めて、あこがれの天賞堂製EF56を買ったものの、さほど走らせることもなく時は過ぎました。家を建て替える時に、将来レイアウトを作りたいからと、屋根裏に場所を確保したものの、関東転勤。
時代が進み、ヤフオクが始まり、鉄模は相変わらず高いとは思いつつ、宮沢のC58、珊瑚の9600キット等を落札して、鉄模復活しました。
去年、念願のレイアウトを自宅作成し、紫筑鉄道を開業し、子供のころからの夢を叶えました。
ついついヤフオクで落札して、いまやEF56、57×2、58×2、66、C11、C12、C55×2、C56、C57×3、D51×2、D60×2と恐怖の大人買い。少し整理しないと(汗)
  1. 2021/10/09(土) 09:06:49 |
  2. URL |
  3. 枯れ鉄 #-
  4. [ 編集 ]

枯れ鉄さんへ

枯れ鉄さん、コメントありがとうございます。

少年時代に叶えられなかった夢を大人になってから実現させようと、ついつい買いこんでしまうという、その気持ち、とてもよくわかります。
さすがに16番で揃えるとたいへんですが、Nなら買いやすいということで、蒸気や旧型電機は言うまでもなく、国鉄型車輌もフル編成で買い揃えた結果、いまや走らせる場所どころか、置き場所もなくなってきました。
しかも、これまでは購入しても研究室に置いて、大型キャビネットのなかに敷いたレールでひそかに楽しんでいられたのですが、定年を機に研究室がなくなって、すべて自宅に引き取らざるをえなくなった結果、ひそかな爆買いがみなバレてしまい、当分は買い控えをせざるをえない状況になってしまいました。
それでも、トミックスのナローなら、小さなレイアウトでも楽しめそうだと、先日も尾小屋のキハなどを予約してしまいました(バレたら大変、汗)。
いつかは16番が走るレイアウトを、と思いながら、Nでも難しい状況下なので、紫筑鉄道を開業させた枯れ鉄さんがとてもうらやましいです!
そこに蒸気が12両も並んでいると、さぞえ壮観なながめでしょう。
紫筑の社名は、地元の地名をベースに、C55やD60がいた筑豊をかけあわせて作られたのでしょうか。
16番の蒸気が牽く客レの運転、したいものです(^^)
  1. 2021/10/10(日) 16:00:54 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する