fc2ブログ

光と風のなかへ&追憶の鉄路

かめのこう






車窓を眺めていたら いきなり亀があらわれた

津山線 亀甲駅

なんでも近くに亀の甲羅のような岩があることから

「亀甲」(かめのこう)という駅名になったという

もともとは普通の駅舎だったが

1995年 当時の町長が町おこしの拠点になるようにと

6000万かけて駅名にちなんだ亀の形になった

屋根は甲羅を模した六角形

突き出た頭部には時計がはめ込まれているが

夜は時計が点灯して目だけが光って見えるのでぶきみだとか

ちなみに駅舎内には本物の亀も飼育されているという



津山線 亀甲駅



津山線 亀甲駅
2022.4.5. 撮影
Panasonic G9 PRO

鉄道コム


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2022/09/28(水) 22:12:49|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:0
<<期待はずれのトミックス C55 | ホーム | 追憶の鉄路 キューロクのいた時代>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する