光と風のなかへ&追憶の鉄路

キハがいた時代 常紋






フィルムの残りを数えながら撮影していた蒸気の時代

見慣れた車両にレンズを向けることはほとんどなかった

しかし国鉄車両が消え 駅舎や鉄路までがなくなるなか

なぜ蒸気以外の車両や鉄道施設を撮影しなかったのか 悔やまれる

かつて北海道のどこにでも見られたキハ22もそのひとつ

写真はたまたま常紋信号所で撮影した峠を下るキハ22

凍てつく手動のドアを 足でバンバン蹴って開けたことも懐かしい



石北本線 キハ22



後方にスイッチバックからトンネルに向かうD51の重連が見える



minolta
石北本線 常紋信号所
1970年(昭和45)12月28日 撮影

鉄道コム


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/13(火) 12:12:29|
  2. 栄光の日本国有鉄道
  3. | コメント:0

おめでとう 高木 銀 高梨 銅






スピードスケート女子1500m 高木美帆

銀メダルおめでとう

女子の個人種目としては はじめての銀メダル

強豪のオランダ勢によく食い込んだ

もっとも何事も完璧を求めてきた美帆のことだから

今頃は悔しさが溢れていることだろう なんといっても0.2秒差だしね

しかし 美帆の願いである たくさんの子どもたちに感動を与えた

そのなかからスピードスケートに夢をいだく子どもたちが必ず出てくるだろう

そのためにも残る1000mとパシュートでもベストを尽くせ



高木美帆 (共同通信社)

共同通信社 


髙梨は金が取れなくて残念だったが あの重圧のなかでよく飛んだ

このジャンプはつぎにつながる これをバネに四年後をめざそう





テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/13(火) 01:26:59|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:0

山間の駅 布原信号所






山にはさまれた狭い空間に駅があった伯備線布原信号所

かつて重装備の機関車たちが 列車交換の合間にからだを休めた駅でもあった

いまは駅に昇格したとはいえ Ⅰ両分の簡易ホームがあるだけの無人駅

利用客も1日平均1人という秘境の駅になってしまった

来月 その近くまで出かけるが 布原を再訪するのは時間的に厳しいかな


 
蒸気機関車 伯備線



伯備線 布原信号所 C58 298
1970年(昭和45)8月23日. 撮影

鉄道コム


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/12(月) 00:57:55|
  2. 追憶の鉄路 C58
  3. | コメント:4

平昌オリンピックは誰のものなのか






平昌オリンピックがはじまった

しかし スポンサーを気にするあまり

これまで以上に厳しい制約が課せられている

なかでも欧米での放映に配慮した競技時間 これは最悪だ

いったい誰のためのオリンピックなのか

東京では あくまでも選手中心で開催してもらいたい



東京2020パラリンピック エンブレム ピンバッジ(非売品)



Panasonic GX8
東京2020 エンブレム ピンバッジ(非売品)
2018.2.11. 撮影

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/11(日) 18:50:32|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:0

かき揚げうどん iPhone






3センチはある大きなかき揚げがのる学食のうどん 390円

駅前によくある某チェーン店のうどんより 味は上だと思う



かき揚げうどん



2月にはいって仕事量が急増しブログの更新もままならない

撮影に行く暇もないので しばらくはiPhoneでお手軽写真



iPhone7plus
大学学食
2018.2.9. 撮影


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/10(土) 02:55:55|
  2. Food show
  3. | コメント:2

大島と周防大島 なぜ間違える






10年ぶりに改訂された『広辞苑』に誤りが多いと話題になっている

わずかな行数に言葉の意味を詰めなければならず

このため省略した箇所が問題とされているようだが

これは文字数の制約をうける辞典の宿命のようなもの

私も『日本大百科全書 ニッポニカ』(全25巻)などの執筆を経験しているので

辞典づくりの苦労はとてもよくわかる

しかし 「しまなみ海道」の説明のなかで

愛媛県の大島と山口県の周防大島を間違えたことは かなり問題だ

しまなみ海道は広島県と愛媛県を結ぶ海の道

かたや周防大島は「周防」とつくように山口県の島だ

ふつうならここでおかしいと気がつくはずだ

似ていたので間違えました といった言い訳は全く通用しない

「周防」で気がつかなくても 地図で確認すればすぐにわかる

そんな基本的なことすら怠ったというのだろうか
 
岩波は専門家に執筆してもらったというが おそらくバイトが書いたのだろう

実は辞書のなかにはバイトが書いて あとで専門家がチェックするものも多い

なかには専門家のチェックは形だけ というものある

今回の件は まさにこれにあたるのだろう

なんともお粗末な話で 『広辞苑』の信頼性を揺るがす出来事だ

ちなみに 広島県と愛媛県を結ぶ「しまなみ海道」だけが海の道ではない

周防大島も中島 興居島を経由して愛媛県の松山方面とつながる海の道だ

今年もこの海の道を調べるために 周防大島に渡る予定を立てている



周防大島(屋代島)



写真は その周防大島の西方地区

正面右手の建物が大島町総合体育館 その右側が「道の駅」サザンセトとうわ

手前のプール周辺は東和中学の敷地 正面の島は我島である



Panasonic GX8
周防大島(屋代島)
2017.8.25. 撮影



テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/08(木) 02:14:54|
  2. 旅日記 山口県
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ