光と風のなかへ & 追憶の鉄路

ソースカツ丼






カツ丼といえば 卵でとじたカツの丼のイメージがあるが

なんでも大正時代に登場した最初のカツ丼は ソースで味付けしたカツ丼だという

長野県駒ヶ根市も このソースカツ丼を名物にしているらしく あちこちで見かける

せっかくなので 東京に戻る前に有名な明治亭でお昼ごはん



明治亭 駒ヶ根店



丼飯の上に山盛りの千切りキャベツを敷き ソースカツを乗せた一品

少しソースが甘めだが 会津で食べたソースカツ丼よりおいしい

しかし キャベツの量がはんぱじゃない

さらに肉の大盛りもあるというのだが よほどお腹がすいていないと厳しいかな



明治亭 駒ヶ根店




iPhone7plus
明治亭 駒ヶ根店
2017.6.14. 撮影


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/18(日) 00:42:09|
  2. Food show
  3. | コメント:2

いつか世界をかえる力になる






世界をかえてきたのは いつの時代も たった一人の強い思いだ



JICA駒ヶ根訓練所



今年も駒ヶ根にあるJICAの訓練施設から 70日間の厳しい訓練を終えて

196名(女性110名 男性86名 平均年齢28.4歳)が37か国に旅立つ



JICA駒ヶ根訓練所



このなかには この春に本学を卒業したばかりの教え子たちがいる

派遣国は ネパール グアテマラ セネガル サモア ブルキナファン

なかでも なつみが派遣されるグアテマラは 治安状況が悪く 医療状況も劣悪だ

外務省の海外安全HPでも 衛生状態は劣悪 徒歩の移動の禁止 バスの利用禁止

銃器をもった強盗が多発し 安易に発砲するなどの注意が勧告されている

それでも なつみならば 持ち前の明るさと元気を武器に

現地の子供たちにたくさんの笑顔と夢を分け与えてくるだろう

それでも最大の目標は 無事に帰還することだ

自分の身は自分で守ること 健康に気をつけること

そして 2年後の2019年の夏

ひとまわりもふたまわりも大きくなったみんなに再会することを楽しみにしている









何度もぶつかり 挫折しながら それでもたった一人が最後まで自分の思いを貫くことで

やがて無数の人の心を動かしていく いつか世界をかえる力になる



駒ヶ岳



iPhone7plus
JICA 駒ヶ根青年海外協力隊訓練所
2017.6.14. 撮影


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/16(金) 23:32:27|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:0

光る海 高松






瀬戸内海 高松



Nikon
高松
2017.6.5. 撮影


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/15(木) 01:38:45|
  2. 瀬戸内紀行
  3. | コメント:0

屋島よりのぞむ瀬戸内海 01






瀬戸内の海を旋回するトビ

すぐ前の島は大島 その奥が豊島

彼方に本州が横たわる



瀬戸内海




Nikon
屋島
2017.6.5.撮影


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/14(水) 00:23:49|
  2. 旅日記 香川県
  3. | コメント:0

神戸散策 05 異人館街






神戸の異人館街



神戸 異人館



実は今回がはじめての訪問



神戸 異人館



岡村孝子の「あの日の風景」をイメージしていたが

長く続いた坂道♪ どころではない

みんなまわったら かなりの運動量だ



神戸 異人館




Nikon
2017.5.1. 撮影


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/13(火) 00:43:15|
  2. 旅日記 兵庫県
  3. | コメント:0

紫陽花の季節 多摩川台公園 01






多摩川台公園の紫陽花が見ごろを迎えている



アジサイ 多摩川台公園



ただ今年の紫陽花は かつてないほど状態が悪い



アジサイ 多摩川台公園



最近まで立ち入りを禁止して公園整備を進めていた影響だろうか



アジサイ 多摩川台公園



頭をもたげているものも多く 枯れ始めている花もある



アジサイ 多摩川台公園



植え替えもしたようで ピンクの紫陽花がとても少なくなってしまった



アジサイ 多摩川台公園



こんなことなら公園の整備など しなくてもよかったんじゃないかな




Nikon
多摩川台公園
2017.6.11. 撮影


テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/12(月) 00:23:32|
  2. 多摩川だより
  3. | コメント:2
前のページ 次のページ